文字サイズ

お電話でのお問合わせ

06-6699-8731

医療サービス

保険医療機関

南大阪小児リハビリテーション病院

南大阪小児リハビリテーション病院イメージ

役割

地域における運動器障がい児者を支援するネットワークを構築し、適切な医療を提供すると同時に、保健・福祉に関わる支援をおこない、地域の全ての方々が健やかに生活できる一端を担います。

基本方針

運動器障害を有する[色々な病気1]に対して、的確な診断と病態把握・治療・長期展望などをわかりやすく説明し、患者さんを支援します。その上で、異なる障害をもった様々の子ども達に、それぞれに、[最も適した治療]を提供し、その子ども達の[QOLの向上]を図ります。

外来診療

  • 整形外科

    整形外科イメージ

    特に小児の特長である成長および発達の問題を十分に考慮したうえで治療が行われます。

    くわしくはこちら

  • 小児科

    小児科イメージ

    脳性まひ児など特に運動面で発達に問題があるお子さんの診察が中心となります。

    くわしくはこちら

  • 訪問診療科

    訪問診療科イメージ

    訪問診療科では医療機関への通院が困難な患児者さまのご自宅へ、定期的に医師が伺い診療を行っています。

    くわしくはこちら

  • 障がい児歯科

    障がい児歯科イメージ

    心身障がい児のう蝕、歯周疾患、口腔疾患の予防を中心とした低年齢からの歯科管理 を行っています。

    くわしくはこちら

※児童精神科は 外来診療 をおこなっておりません。

部門のご案内

医療部門

リハビリテーション部

リハビリテーション部イメージ

リハビリテーション部では、早期治療から長期フォローまで、ボバース・コンセプトに基づく 神経生理学と発達学との融合させた質の高い治療を提供すべく、現場主義での療法士の育成に力を注いでいます。

くわしくはこちら

看護部

看護部イメージ

私たち看護部は障害をもつ人々の発達と安全で楽しい生活が送れるよう療育看護を通して支援します。
一人ひとりの個性に寄り添った看護に取り組み、看護職のステップアップをサポートします。

くわしくはこちら

療育部門(保育士・介護福祉士・生活指導員)

介護 / 療育部門イメージ

療育部門では、入所されている幼児から大人の方一人ひとりその人らしさを大切に考え、日々の中で生きる楽しさを共感しながら日常生活支援を行っています。

くわしくはこちら